さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


小樽AKY48プロジェクト › 入船 › 願掛け焼そば › 小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「時代屋」編

2016年01月27日

小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「時代屋」編



小樽あんかけ焼そば親衛隊協力店


縁起のよい験を担いだ具材を使う願掛け焼そばですが、鉄板の験担ぎ食といえば「カツ」ですよね。
受験当日食べたい朝食No.1という統計もあるそうです。 ※実際に朝食にカツを食べる人は少ないと思いますがw
今回は、カツが載った願掛け焼そばを食べに、「時代屋」に行って来ました。



上の写真は、店内カウンター下に貼られた小樽願掛け焼そばのポスターです。
参加13店舗の個性溢れる願掛け焼そばが前面に出ています。
見ているだけで色んなお店を回りたくなります。ポスター拡大画像はこちら⇒クリック



お店の玄関にも願掛け焼そばのポスターが貼ってありました。
こちらは久しぶりの訪問でしたが、今は鹿肉も食べられるんですね。



↑ メニューはクリックで拡大します。
エゾシカを食用として流通、定着することは北海道の課題でもありますからね。これは貴重なお店です。
鹿肉から、麺類、海鮮丼、洋食まで、喫茶店なのか何の店なのかわからなくなるぐらい数多いメニューがこのお店の魅力です。
しかし、やっぱりイチオシメニューはAKYですね!



海鮮具材がいっぱいなのが特徴ですね。
でも、今回はAKYじゃなくGKY。願掛け焼そばなんです。
海鮮もいいけど、肉をガツリ行きたいときってありますよね。


【お茶処・お食事処 時代屋】願掛け焼そば 850円

レギュラーメニューのあんかけ焼そばから海鮮具材を取って、代わりにカツが載っているのが、時代屋の願掛け焼そばのイメージでしょうか。
ご覧のように、カツはお皿の中で存在感を放っています。
申し訳無さそうに載っているカツも多い中、このカツは違います。デカイです。



カツの断面です。ちゃんと厚みのあるチキンカツです。
チキンカツできちんと勝つ!



チキンにはこういうソースが合いますよね~!
餡と絡めてもイケますしね!

時代屋AKYの特徴としてはこの酢と薬味ではないでしょうか。



このブログの過去記事を見ていただけるとわかるように、AKY本体だけではなく、酢や薬味も進化しています。

時代屋(入船)
時代屋(入船)その2

今回は手前の自家製南蛮が付いていました。
これを餡に混ぜるのはもちろん、カツに直接載せて食べたり、白飯の上に載せて食べたりしましたが、どれも食欲増進効果があるようです。

酢も昆布や鰹節(?)などが漬け込まれています。
この酢をかけると、「すっと勝って喜んぶ」ことは間違いない?



酢までも過去に比べて進化させています。
このお店にとって、酢はただの酢ではなく、あんかけ焼そばを食す際の重要なアイテムなんですね。
一皿完食するまでに多様な楽しみ方が出来ます。

ママのお話だと、願掛け焼そば期間中は、普段あんかけ焼そばを食べない人も、カツのトッピング効果で注文するとか。
ママと常連客との気さくな会話をBGMに食事をすれば、元気も貰えて午後からはハッピーな気持ちで頑張れそうです。
胃袋にガツン!と来る満腹感で眠たくならなければですが。


「お茶処・お食事処 時代屋」(小樽あんかけ焼そば親衛隊協力店)
住所:小樽市入船1-2-28(駐車場あり)
電話:0134-29-0282
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休


より大きな地図で 小樽あんかけ焼きそばAKY48マップ を表示
北海道の小樽で有名なスイートショップ《LeTAO》

メールやtwitterでの「あんかけ焼きそばレポート」や「こんな意外な店でも出してるよ」等の情報提供お待ちしております。
メールアドレスは、otaruaky48@gmail.com
twitterアカウントは、@OTARU_AKY48
このブログの左サイドバーにある「オーナーへメッセージ」からも待っています。
twitterでのあんかけ焼きそばの話題は、あんかけハッシュタグ(#ankake)推奨ですw


AKY48プロジェクト。現在108店舗・168品達成です!

小樽あんかけ焼きそば【AKY48マップ】は、こちらをクリックココ





あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(入船)の記事画像
時代屋(入船) その2
味園食堂(入船)
時代屋(入船)
おたる家(入船)
同じカテゴリー(入船)の記事
 時代屋(入船) その2 (2012-05-17 22:33)
 味園食堂(入船) (2012-04-11 17:45)
 時代屋(入船) (2011-10-12 15:08)
 おたる家(入船) (2011-06-19 23:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「時代屋」編