さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


小樽AKY48プロジェクト › 稲穂 › 願掛け焼そば › 小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「五十番菜館」編

2016年02月11日

小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「五十番菜館」編



小樽あんかけ焼そば親衛隊協力店


5年目を迎える小樽願掛け焼そば。こちらも初回から参加されているお店です。
今回は都通りの老舗中華食堂「五十番菜館」のGKYです。





こちらのお店は1959年(昭和34年)創業っていうんだから、あともう少しで60周年を迎えるわけです。
凄いですね~。歴史ある小樽都通り商店街の中でも有数の老舗です。
そういう老舗でありながら、こういうダジャレで縁起を担いだメニューに参加する柔軟性があるって素敵です。

昼時の混雑した店内に、願掛け焼そばを食べている人はいませんでした。あんかけ焼そばの人ばかりです。
満を持して願掛け焼そばを注文しましたが、それほど周りのお客さんに注目されることなく願掛け焼そば登場です。
みなさん、自分の目の前の料理に集中しているようでした。


【五十番菜館】小樽願掛け焼そば

小樽願掛け焼そばの共通具材は、ウインナー(WINNER=勝者)、炒り卵(入る)、桜型ニンジン(桜咲く)の三種。



綺麗な桜型のニンジンですです。



ウィンナーはVの字に配置されておりました。



時期によって変わるトッピング野菜はさやえんどうでした。炒り卵の黄色に緑がよく映えます。
さやえんどうも勝利のVの字配置でした。



プラス1種の各店独自縁起具材はタケノコ。「破竹の勢い」という意味があるそうです。



コシのある縮れ麺はちょうどいい塩梅の焼色が付いて食欲をそそります。
麺に絡む餡はあっさりめ。
願掛け焼そばは通常のあんかけ焼そばより具材が増えているパターンが多く、ただでさえボリューミーなAKYですが、さらに満腹感がアップです。
それでもこのあっさりした五十番GKYならば、女性でも意外にペロッと食べられるのではないでしょうか?
※普段でもこのお店では、割と高齢の女性があんかけ焼そばを完食する姿が見られます。

あんかけ焼そばと並ぶ名物メニューの野菜ラーメンは、かつて「もやしする」という隠語があったほど。
いつか「願掛ける」と言えば、願掛け焼そばを食べるという意味になる日が来るといいなあと妄想しながらお店を出ました。

参加13店の「小樽願掛け焼そば」一覧はこちら⇒ 2016年小樽願掛け焼そば一覧

「五十番菜館」(小樽あんかけ焼そば親衛隊協力店)
住所:小樽市稲穂2丁目10番1号(店舗裏に駐車場あり)
電話:0134-32-4793
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日



より大きな地図で 小樽あんかけ焼そばAKY48マップ を表示




北海道の小樽で有名なスイートショップ《LeTAO》


メールやtwitterでの「あんかけ焼きそばレポート」や「こんな意外な店でも出してるよ」等の情報提供お待ちしております。
メールアドレスは、otaruaky48@gmail.com
twitterアカウントは、@OTARU_AKY48
このブログの左サイドバーにある「オーナーへメッセージ」からも待っています。
twitterでのあんかけ焼きそばの話題は、あんかけハッシュタグ(#ankake)推奨ですw


AKY48プロジェクト。現在108店舗・170品達成です!

小樽あんかけ焼きそば【AKY48マップ】は、こちらをクリックココ




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(稲穂)の記事画像
小樽麺処龍仁の期間限定メニュー「塩あんかけやきそば」
龍鳳ハードコアな18作目!「G.B.H.焼きそば」!
龍鳳プログレッシブな17作目「エピタフ焼きそば」
支那そば愛幸(稲穂)
龍鳳16作目は正統派の什景炒麺(五目焼きそば)!
龍鳳15作目を発表!その名も「フリーバード焼きそば」!
同じカテゴリー(稲穂)の記事
 小樽麺処龍仁の期間限定メニュー「塩あんかけやきそば」 (2017-05-18 18:27)
 龍鳳ハードコアな18作目!「G.B.H.焼きそば」! (2017-01-09 10:45)
 龍鳳プログレッシブな17作目「エピタフ焼きそば」 (2016-11-23 19:46)
 支那そば愛幸(稲穂) (2016-11-04 10:56)
 龍鳳16作目は正統派の什景炒麺(五目焼きそば)! (2016-10-29 10:00)
 龍鳳15作目を発表!その名も「フリーバード焼きそば」! (2016-10-09 09:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小樽願掛け焼そば実食レポート2016 「五十番菜館」編